FC2ブログ

記事一覧

ご主人様は魔法使い。

先日、ご主人様に調整していただきました。両手を縛られて、後ろ手に固定され、柱に両手を固定されます❤。これだけで濡れ濡れの便器❤。ご主人様が便器の髪をわしつかみにし、耳元で囁きます。今からご主人様が逝けといったら沢山逝きなさい!また、ご主人様が逝けと言うまでは決して逝かないように❗とつけたされました❤。
これだけで便器はもう大変!!。
ご主人様に耳元で囁かれると、その内容に関わらず便器は逝きそうになるのです(笑)。

ご主人様が便器のブラをずらし、乳首を刺激します❤。もうたまりません。がくがく震えながらご主人様に逝ってもいいか許しを乞います。
ダメだ!ご主人様の許可がなく悶える便器❤。もう、がくがくのぶるぶるです。股間からは便器の意志に無関係に愛液が沸き上がってきます。

ご主人様、いかせてください❗❤。まだだ!お願いします。我慢できません❗❤。ダメだ!。この長い長い繰り返しのやり取りで、便器は身体中から汗が吹き出し、小刻みに震えて続けます。頭はもはや真っ白。

長い長いおあずけの後に、ご主人様の許可が出ました❤。いいか、便器、よく聞け!ご主人様が今から許可をだす。逝けと言ったらふか~く、ふか~く!ずっーと逝き続けなさい❗❤。脚を開いて。そこにムチもおとすから!。この言葉で半分逝きそうになり、何とか踏みとどまった時、ご主人様が逝け!と叫びながら便器の股間にムチを落としました❤。この瞬間から便器は逝き続けます❤❤❤。何度も何度も沸き上がってくる快感に身体を震わせて、波打つように逝き続ける便器❤❤❤。何十回逝ったかわからない状態でも止まりません。死にそう❗。そう思った時、
逝くのをやめなさい❗。頭の上でご主人様の声がして、それとともに便器の身体は逝くのを止め、うなだれました。

ご主人様はきっと、便器を逝かせ続けて文字通り殺すことも出来ると思います。ご主人様の電話の声や、メールの逝けのコメントだけで逝ってしまう便器です。

そして逝き続けて、便器自身でさえ止められないのに、言葉一つで止めることが出来る男性❤❤❤。

ご主人様は魔法使いですね❤。

ご主人様は神様です。便器の調教、ありがとうございました❤。便器はご主人様に全てを捧げます❤。
20191004180819225.jpg
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント